Girl(ガール)、バレエ映画の感想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

国際的な映画賞を受賞したことで知られる話題作、
Girl(ガール)を観た。

ベルギー映画だが、
フランス語ではなく、
オランダ語。

たまに
フランス語や英語も飛びかう作品。

主人公ララの、
内的な葛藤はもちろんのこと、

バレエの練習を描く、
動的なカメラワークが、
とても印象的だった。

ララと、
ララの父親との親子関係が、
とても良く、
これがこの作品の「希望」ともいえる。

明るく面白いストーリー、
というわけではなく、
ヘビーな内容だが、

心温まるのは、
ララの親子関係だと感じた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク