『「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法』松尾昭仁/著

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

大人は、稼がなくてはいけない立場にある。それが、冷徹な事実である。どうせ稼がなければならないのであるなら、少しでも自分を評価してくれる分野で実力を発揮したいと思うのが人情である。それには、どうすればいいのか。本書は、稼ぎにつながらない無駄なやり方を省いた勉強を効率的に行うことで、それは可能であると説明する。人生のすべてを効率重視で考えるのは味気ないが、仕事に関しては、やはり効率を重視したいところである。

スポンサーリンク

「完璧」と「とりあえず」をやめる!

仕事に関する勉強法において、わたしたちは、決定的な間違いをしがちでるとは、よくいわれることだ。要するに、完璧にすべてを学習しなければならないという思いに、囚われがちなのである。一番やってはいけないのが、将来何とかなるだろうから、とりあえずやっておこうか、という類の勉強である。著者は、そのようなやり方はギャンブル的とまでいう。

たしかに、漠然とした範囲のものを、得た知識を何に使うのかも判然としないまま吸収し続けるのは、それらの知識をいかすことの出来る、何らかの機会に恵まれなければ、花開くことはない。大人の勉強においては、知識を得ることそれ自体を目的とした勉強は、仕事に結びつけ、稼ぎを得ることが出来なければ、間違いなのである。この価値観に立つと、多くのことを知っていることよりも、少しのことでもやっていることのほうが、実際の収入に結びついている点で、褒められるべき存在ということになってくる。

自分が得意なことに集中しよう!

では、どのような方針を立てて、実際の勉強をすすめていけばいいのだろうか。著者は、成功する人間は、自分が不可能なことに時間と金をそもそも使わないものだと述べ、前述のような勉強が稼ぎにつながらない事態に陥らないためにも、自分が得意なことにすべてを傾注するべきだという。

どんなに小さい分野でもいいから、ナンバーワンを目指そう!

そして、これもよく聞かれる話だが、小さい世界でいいからナンバーワンになって、評価をされることが大切だと述べる。そうすることで大きな自信になって、さらなるアクションへと挑戦することができるのだ。何かを極めるという気持ちがあれば、それが他のものにも自然と波及していって、成功へのスパイラルがまわりだす。

著者は例として、「サタデー・ナイト・フィーバー」などの主演作のある俳優ジョン・トラボルタのタバコの吸い方を徹底的に真似することで、結果ナンバーワンになったホストの例を挙げているが、これはモデリングといわれる手法である。何かを徹底的に真似をすることで、いまの自分ではない、新しい自分、要するに、理想とする自分を手繰り寄せることができるのだ。

成功できるか出来ないか、稼ぎにつながる勉強ができるか出来ないかは、結局は、自分しだいである。そう、著者は、自分自身が敵であるとまでいう。自分を怠けさせるのは、自分以外にいないからである。

「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!
「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法 仕事ができるヤツにガリ勉はいない!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする